スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2月, 2016の投稿を表示しています

頭の回転が遅い人の特徴

頭の回転が遅い人は行動力が遅いです。逆のことも言えると思います。行動が伴わないから頭の回転も鈍るんでしょう。

勉強においては勉強しないと行けない場面でも集中出来なかったり、勉強をし始めるスタートが鈍かったりという傾向が有るようです。

問題解決は問題が発生しないかぎり解決しない
これは当たり前ですが、行動しないと問題が発生しません。勉強をしないと何が劣っているか優れているか見極めが出来ません。

勉強だけではなく仕事においても積極的に仕事を取りに行かないと自分の真の素性がわからないのです。

頭の回転が遅い人は積極的に物事を取り込むべきでしょう。そうすることで弱点もわかるます。対策も取れます。

さらに行動することで思ってもなかった自分の強みがわかるかもしれません。そうした強みがわかると自信につながり、伸びしろも増えるでしょう。

言い訳はしない

「頭の回転が遅いから無理・・・」

このような言葉は謙虚に似て怠慢。自分の可能性を自分で否定しています。謙虚ですが、積極性がない発言ですので、そういう場合は

「頭の回転が遅いかもしれませんが、最善をつくす」

このように発言するべきでしょうし、自分でもそう思いましょう。

僕の経験
自分も頭の回転が遅い部類でした。いつも上司にどやされ、学生時代は馬鹿にされて・・・

しかし社会人として30年近く生活してくるといろいろ苦労するんですよね。しかも不景気や状況に恵まれない境遇なので、転職もすごく多い。

そう言った逆境がかなり自分を変えました。

まず仕事においては

先回りして相手が何を望み、さらに会社側は何を望んでいるのかを先読みしまくっております。

勉強においても、「この先このスキルが必要だから」

と考え、すぐに実行。必要な資格は少し考えたらすぐに取りに行く。この姿勢を取っています。

行動力が大半
頭の回転が遅いならとにかく行動しましょう。考える暇があったら行動やらなきゃいけないことをダラダラ先延ばしにはしない
そうすること自体頭の回転を早くする訓練と心して頑張りましょう。


精神的に強くなる方法ー大事な5つのポイント

精神的に強くバロメータは

つらい時にも逃げない弱音をはかないきつい時ほど決意する精神状態が安定感情の起伏が激しくない
この5つが染まっている人でしょう。つらいときに逃げ道ばかり探して言い訳ばかり言う人は精神がまだまだですね。



つらかろうが、今のおかれた立場というのは
『ピンチイコールチャンスなんだ』こう思い奮い立たす人が精神が強い人です。そもそもピンチがないと人なんて成長しませんよ。ぬるま湯につかった人生を送っている人が成長しましょうか?
ぬるま湯につかりっぱなしっていうのもある意味いい身分でうらやましいのですがね。

弱音をはかないもつらいとき逃げないと同じで、愚痴をいう口があるんだったら、そのエネルギーを前向きに考えるほうに使ったほうがいいってことですね。

きつい時ほど決意するも同じですね。

精神状態が安定というのは、
忙しかろうが、追い詰められていようが、大変な状況におかれていようが、
慌てふためいたり、人に当たったりしないで、泰然自若と最善の策を模索して、即座に実行できることが精神が強い人なのでしょう。

実行ですよ。実行できないならまったく進まない。落ち着いていると思われて、実は何も進んでいないのでこれもだめですね。

感情の起伏が激しくないというのは、動じない、騒がない。あせっても仕方ない。右往左往しても仕方ないと腹を決め、問題に立ち向かうってことですね。

元気になる格言 あわてると何一ついいことがない。一直線に目標だけを見なさい。障害が目に入らないように ヘンリーフォード

疲れたら休むがよい。彼らもまた遠くは行くまい。 ツルゲーネフ たまには休息をとってください。強い人でも休まないといけません。