スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

8月, 2017の投稿を表示しています

派遣切りは自業自得?!

派遣切りされて自業自得という人がいます。
全てにあてはまるわけじゃないけど、半分当たっているでしょう。



ちなみに自分は派遣切りされて、あと2か月で現在の派遣先を去ります。

自業自得じゃないか!

って言われるかもしれません。

まず自分の場合自業自得です。

去年派遣先の会社から直々に「君と仕事がしたい。ぜひ正社員になってくれ」というありがたい言葉をいただき、熱烈なオファーを受けた。

しかし、ブラック企業であり、派遣として働くなら問題ないが、正社員として働くことにすさまじい不安があったわけですよ。そこで、回答を引き延ばし、結局オファーを断ったのです。

それが原因だろうけど、新たな人(正社員)を雇い、そろそろ使えるかなという時期に自分を切ってきたのです。

これは自業自得ですね。


派遣切りは能力がないから自業自得?

派遣は社会の底辺のように今でも思っている人多いですが、
自分のように技術者派遣だと、底辺じゃないです。

有名どころでははっきり企業を書いてしまえば、

アルプス技研、スタッフサービスエンジニアリング、トラストテックといった技術派遣の会社に勤めている派遣社員は技術は半端じゃないです。

まあこのどれかに自分はいるんだけど、
とにかくすさまじいスキルを持っている人が多数いる。

自分を含め多数の人たちは、
派遣元の正社員として、派遣先をいろいろ移り、新たなスキルを履歴書を汚すことなく得ているのです。

派遣元の正社員で、派遣先を切られても、次の派遣先を探してもらい、そこに就業する。

このスタンスがたまらないのです。

エンジニア冥利に尽きるんです。もっともっといろいろ仕事を通してスキルをアップできる。これを望んでいる。

だから自業自得であり、自分に課しているわけです。決して悪い意味で自業自得じゃなく、自分の成長のためにやっている。

はっきり言うけど、自分と派遣先の正社員と比べると、自分のほうが遥かに

「いろいろな仕事ができる」

これは自負しているんです。また自分の同僚の派遣元の人は、派遣先の課長より数段レベルが高く、いつも派遣社員なのに、派遣先に指導をしております。

なので派遣社員をなめちゃいけません。

ではなぜ派遣なの?
ですが、派遣はさまざまな就業先でスキルを磨けるから、あえて派遣を選んでいる。もしくは、年齢的に正社員になるのがきつい。この2つです。

50過ぎて正社員とし…